エースレンタルのスーツケースレンタル

エースレンタルが他社に劣る点

日本のスーツケースメーカー「エース」が運営するスーツケースレンタルサービスは、スーツケースの専門企業でありながら、他社に劣っている点もいくつかあります。
エースでスーツケースをレンタルする前に、確認しておきたいデメリットを以下に解説していきます。



スーツケースの品揃えが少ない!

エースレンタルのデメリットの一つに、選択できるスーツケースの種類が少ないことがあげられます。 エースでレンタルしているスーツケースは自社製品のみで、サイズや種類も限られてきます。

特にサイズの小さなスーツケースの取り扱いはほとんどなく、機内持ち込みができるサイズのスーツケースはありません。

エースでスーツケースをレンタルするなら、中型サイズ以上であることが前提となりそうです。

また、レンタルしているスーツケースは全てハードケースのもので、ソフトタイプのスーツケースはありません。

ソフトタイプのスーツケースには重量が軽いなどのメリットがあるので、スーツケースはソフトタイプが良いと言う方もいらっしゃいます。

その辺りの選択肢が限られてくるのも、エースレンタルのデメリットと言えそうです。



他社よりも割高なレンタル料金

エースレンタルは国内のスーツケースメーカーが運営しているサービスですが、レンタル料金は安いというわけではありません。

スーツケースメーカー"エース"の主力商品であるプロテカに関しても、R&Y RENTALの方がレンタル料金を安く設定しています。

R&Y RENTALでは、同じスーツケースが他社よりも高かった場合、差額を返金すると共に次回使える割引券をプレゼントしています。



レンタル期間は1日単位で選べない

エースレンタルでは、スーツケースのレンタル期間は8パターンから選択します。
最短レンタル期間は3日間、最長で40日間のレンタル期間が選べます。

1週間以内の短期レンタルであれば、3日間、5日間、7日間となり、それ以外の日数でのレンタルはできません。

エースレンタルでは1日単位でレンタル期間を選べないので、どうしても無駄な日数が出てくる可能性があります。

エースレンタルで希望のレンタル日数を選べないのであれば、他社でのレンタルを検討してみるのも良いでしょう。

≫スーツケースレンタル各社のランキングはこちら




エースレンタルが選ばれる理由

料金や品揃えなど、決定的なデメリットのあるエースレンタルですが、それでも多くの人がエースレンタルを利用します。
多くの欠点を抱えながらも、エースレンタルが支持される理由とは?以下に解説していきます。



安心の国内スーツケース専門企業



エースレンタルを運営しているのは、日本の大手スーツケースメーカーです。
メーカーが取り扱うスーツケースなので、メンテナンスやクリーニングにはある程度信頼がおけそうです。
スーツケースに関する問い合わせにも、プロの目線の的確なアドバイスが期待できます。



スーツケースを盗まれても弁償いらず?

多くのスーツケースレンタル会社では破損保証が付いているので、スーツケースを壊してしまっても修理費用を請求されることはありません。

ただし、スーツケースを紛失したり盗難された場合は保証適用外として、スーツケースの買取価格を請求する企業も少なくはありません。

しかしエースレンタルにおいては、スーツケースを紛失したり盗まれたりしても、保証の範囲内となっています。

ただしそれには盗難証明書の提出が必須となっています。
もしも旅行先でスーツケースを盗まれた時は、空港や警察署で盗難証明書を取っておくようにしましょう。



エースレンタルの利用手順



1.スーツケースの仮予約

エースレンタルのホームページから、利用日程やご希望のサイズなどでスーツケースを選択します。
お届け日やお支払い方法を指定したら、注文を確定して仮予約となります。


2.予約の確定

エースレンタルより【ご注文ありがとうございます】のメールが届いたら、スーツケースの予約は確定となります。
ご注文内容に間違いがないか、この時点で確認しておきましょう。


3.レンタル開始

指定した日時にヤマト運輸でスーツケースが届きます。
スーツケースがお手元に届いた日がレンタル開始日となります。


4.スーツケースの返却

スーツケースご利用後は、スーツケースが届いた時に入っていたカバーに入れ直して、ヤマト運輸に集荷をお願いします。
スーツケースの送料はレンタル料金と合わせて支払い済みなので、着払いで送りましょう。
スーツケースを発送した日がレンタル終了日となります。



エースってどんな会社?

エースレンタルを運営しているのは、国内最大級のスーツケースメーカー"エース"です。
昭和15年に大阪で創業、現在は従業員数が700名を超える大企業となっています。

東京と大阪に本店がある他に、全国に直営の販売店があります。
さらに、北海道には自社の生産工場も所有しています。

新しいスーツケースの開発にも積極的で、最近では360°開閉可能なスーツケースが話題を呼びました。
しかし、エースレンタルで借りることができるスーツケースはごく一部に限られていて、ほとんどのスーツケースが販売専用となっています。

2006年にはアメリカの大手スーツケースメーカー「ゼロハリバートン」を買収、商標権を獲得しました。
その後イタリア、香港、シンガポールにも会社を設立し、今後は日本を代表するスーツケースメーカーとなることが期待されます。

≫スーツケースレンタル各社ランキング